千葉では私は謙虚でした

13/05/2020 | からadmin | ファイル: 未分類.

並外れた才能を持つ馬は、これまでにない強さを引き出した光景に揺さぶられました(ヒュー)

久しぶりに三冠を気づかせる馬が出てきました。多分デュラメンテ以来。しかし、千葉のディープと母のアンブロードルの歌は、素人家系でさえ理解できる早熟な家系です。ダービーは少し距離がありますが、菊花賞は長いようです。矢作さんは私に挑戦するようです。
サリオスとの千葉も終わらなかった。これはどんどん良くなり、私はダービーすら知りません。
その後、今日の福永騎手は素晴らしかった(拍手)たまたま本人は謙虚でしたが、色々考えていたと思います。結局、それは少しg1を獲得した若い男のようではありません。
千葉
馬場が荒れるとドライブインに届かないようですが、みんながポジションを意識してペースが上がったらドライブインが決まると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です