辛抱強く千葉では聞いてください

25/05/2020 | からadmin | ファイル: 未分類.

少し難しいかもしれません。しかし、それは重要なので、辛抱強く聞いてください。

これが「千葉」のお話です。
ゼーキンと読みます。

大会社では、「社会保障」として「税金」を学びます。 「会費」など市民の皆さまの安全を守るために、市民がお金を分け合うお金。

「千葉」と呼ばれています。

マンガしか読めないのでわからないと思いますが、昔は福沢諭吉という名の先生がいました。

明治時代、世界の多くの人が「千葉」を払った
私は知らなかったとき、「税は国民と国民の双方の一致した約束である」と教えました。

「政府には、悪者を管理し、善良な者を保護する法律がありますが、そのためには多くのお金が必要ですが、政府自体にはお金がないため、税負担となります。これは、両者の一体的な約束です。政府と国民。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です